FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/09のツイートまとめ

zyagaimospring

久しぶりのツイッターww 何かテンション上がるww
12-09 12:28

08/31のツイートまとめ

zyagaimospring

@expect410 wwwww
08-31 14:24

08/02のツイートまとめ

zyagaimospring

CLANNAD 前半終了after story へと続く。  OPとかマジいいわww
08-02 16:47

08/01のツイートまとめ

zyagaimospring

CLANNAD最高やねwwふーちゃんと姉の対面感動 泣くわww  
08-01 00:51

@RUNENIi そうか。ならよかった  ちょっと心配してたけん
08-01 00:21

07/31のツイートまとめ

zyagaimospring

@RUNENIi 昨日はあれからいじられたか?ww
07-31 18:19

07/06のツイートまとめ

zyagaimospring

いじるって何かいいよww
07-06 21:56

可愛いwww
07-06 16:39

07/05のツイートまとめ

zyagaimospring

結構順調だww    やっぱ落ち込んでいる時に、あなたがいると嬉しい><
07-05 23:37

好きだ~~ww
07-05 20:21

修正案終わり^^    最近、ある人のお陰で相当調子がいいし、テンションあがる^^
07-05 01:49

07/04のツイートまとめ

zyagaimospring

修正案もうちょっとで終わるwww  今日俺頑張ったww
07-04 17:14

修正案終わらない><
07-04 10:25

ジャンプ31号

ブリーチ
苺戦いながら、今まで俺のために力を貸してくれてると思っていたが、何を思って力を貸してくれてたんだ?と残月に聞く。
いちごは、戦うとして、彼は斬月を尋ねると、 "私は今まであなたは私の自身のために、力を貸していたが、どのようなことをやってあなたの目的だと思った?
それに対して、この世界を見ろ、希望に満ちた、摩天楼の群れだったこの世界は、お前の身近にあった小さな町の風景になりさがり、雨はやんだが、全てが海に没した。
彼は、"この世界を見て答えている。それは希望に満ちていた。これは、超高層ビルでいっぱいだったが、その現場に格下げになっている
小さな町のように自分自身に閉じます。雨が停止しているが、すべては海に沈んでいる。
それは全てお前が、絶望し、歩みを止めたからだという。そういうと、苺の前に飛び出し、胸を手刀で突き刺す。
あなたは絶望のため、あなたの進歩を停止しました。 "これを言ってすべてが、彼は一護で充電して手で胸で彼を刺して。
このままにしておかん、絶望の根源をここで引きずり出してやろうといういい、胸から何かを引きずり出す。
彼はその絶望の根をドラッグするだろうと彼の胸から何かを取り出すという。
苺が目の前をみると、そこにはウルキオラ戦の時の仮面をつけた死ハク装を来た男(ただし色は仮面も白黒反転してる)
いちごはUlqy戦ったときに一護の前では、男性からマスクを着用しています。 (しかし、黒と白の色が逆になります。 )
よう、久しぶりだなぁ苺と仮面を外す男。その仮面の下から現われたのは白苺。
"ねえ、長い時間は、いちご参照してください。 "男はマスクを削除し、それが白一護だ下。
空座町
空座町
学校へ向かいながら、水色を探しにいかないの?とタツキ
彼らは学校に向かうように、彼らはみずいろを探す必要がある場合、立木は疑問を投げかけた。
一応探したけど、あいつは苺がいなくなってから一人で学校きてて、ケータイもでない。多分まだどっかで寝てるんだと思うとケイゴ。
"我々はできるようになりましたのが、以来、一護はの彼は自分で学校に行く行方不明になって、彼も携帯電話を持っていません。
彼はおそらくまだ眠っているかだ"と圭吾は言う。
それをきいて、中学からツルんでるから仲いいのかと思ったというタツキに
これを聞いて、立木によると、 "あなたは一緒に中学から外掛けてきたので、私はあなたの良い友達と思っていた。 "
そういうワケでもない、距離感だ、そういうの大事だろとケイゴ。そうかなとたつき。
"それは必ずしもそうではない。彼は自分自身に大切なことを保ち、 "圭吾は言う。 "本当?"立木は求めている。
水色があんななついたのは苺が初めて、すぐに壁をつくるから、自分から歩いてるとこ見てるだけでこっちはうれしいんだと続けるケイゴ。
それは、唯一のいちごがみずいろはに添付されます。よ彼はすぐに壁を設置する、と私は彼が私から歩いて参照してくださいが、彼はこの方法で満足です。
学校へ二人をおいたら。水色を探しにいきなとたつき、国枝や夏井はどーすんだよというケイゴにあの二人は自分でなんとかできるでしょとたつき
立木彼らはみずいろを探す示唆された。圭吾は2つの友人たちに起こった不思議。 (国枝と夏井が、私はそのローマ字の名前を忘れてしまった)が立木さんの言葉
彼らは自分のことができます。
自分はゆずとカリンを探してくるとたつきがいうと、親父さんいるだろとケイゴ。
立木彼女はゆずとカリンを探すために起こっているのを発表しました。圭吾は、父親は、おそらく彼らと言う。
どうせ一緒に気絶してるでしょというタツキ。そこに急激な変化を感じる二人。目の前には愛染が。
立木は、彼らが可能性がすべての無意識のどこかに一緒に横たわっていると考えている。突然2人の変化を感じています。藍染は、彼らの前に表示されます。
近づいても存在を保っていられる二人に大したものだと褒める愛染。
藍染は、そのにもかかわらず、彼に近づいている彼らは自分の存在を維持することができると言って褒める。
あんた誰?ときくたつきに、黒崎苺は新しい力を携えて必ずここへくるだろう、
立木は誰かが求めている。彼は黒崎一護は間違いなく、彼の新たな力を持ち込む予定だ。
私はその力をさらに完璧に近づけたい、君たちの死がその助けになるだろうと刀を向ける愛染。
私は近いさらなる完璧にその力で彼を持ってする。あなたの死亡は役立つはずです。彼は彼らに剣を目指しています。
その言葉をきいて、逃げて浅野、早くしろよ!あんたがここにいて何かできんのかよ!と吐き出すたつき。
この立木を聞いて、 "を実行して、浅野絶叫!急げ!何もないあなたがここに行うことができますよ!"
迷った末に逃げるケイゴ。追おうとするギンに追う必要はない、まずはこっちだと愛染。
圭吾hesistatesし、逃亡。ジンは彼を追求するが、藍染は必要ではないことを告げる。彼らは物事のここ最初の世話をします。
地面にへたり込んでどうしよう体動かないどうしたら━━と思うたつき。
地面に立木のシンク、移動することができない、何をすべきか疑問。
その状況の中、後ろか誰かの足が見えたとこで次号。
から我々は誰かの足を参照してください後ろに。来週まで。
愛染と現世の友に忍び寄る人影!?新たなる危機となるのか、あるいは!?
図は、藍染と一護の友達に、現在の世界から潜入!?ウィルは新たな危機、または可能性が...!?する


リボーン

瓶受け取ると〜〜〜
部屋爆破。

本性だすシモンファミリー

エンマ『ボンゴレに復讐を』

瓶破壊
偽物で本物は金庫
でも、7属性はの炎のシールドで護られてる金庫破られてる
みたことのない攻撃
金庫の中からシモンたち
血は僕らのファミリーのものだから返してもらうと
指輪に血を注ぐと右腕が装甲でおおわれる
ボンゴレに復讐するために必要だったんだ

山本やったのは
僕たちだよ。ってアッサリエンマ
エンマが、どうやら新しい属性?らしい
エンマ、罪を自分の指輪にかけると
手にグローブ?がはまる
ツナ状況みて指輪に炎をともす



ナルト
出産は極秘だった
出産は絶対秘密にされた。

が、ミコトが赤ちゃん(サスケ)を連れクシナの前に
2人は友達
命は、幼児(サスケ) 、同行され、 Kushinaの前には、 2人の友人でした。

クシナ、ミコトで出産て痛かった〜〜女の話。
Kushinaは、のような命と、出産は痛みを伴う、 1つの女性によるとされます。

出産の際、九尾が出てくるかもしれない(封印が弱まる)から
ミナトも立ち会い
子供が出たとして、尾はおそらく(シール弱体化)がなぜ命もそれを目撃です出てきた。

痛がるクシナ
Kushinaの痛みだった。
暗部数名部屋の前で待機
いくつかの暗部のメンバーは部屋の前でスタンバイしていた。

生まれる10月10日
生年月日: 10月10日。

封印が弱まる、封印し直そうとミナト
シールが鈍る。港[は、それを強化へ]を試みます。

赤ちゃん(ナルト)暗部の仮面した奴にとられる
暗部は、幼児(ナルト)を取るマスク。

仮面『人柱から離れろ、さもないとこの赤ん坊は』
仮面の男は、"のでは人間の犠牲は、子から、それ以外の場合にもなる"いずれかを始めようという

サーセイ★
詳しく読んでくる

152
kushinaは人柱になった理由:
一見渦くにを(うずしおgakureの里)の人々が良い技術をシールでいた。
最初のhokagesの妻の水戸も人柱された
彼女は最初の人柱された

彼女が死んだ後、 Kushinaの1つになった。
kushina後、ナルトは3です。

kushinaは人柱木の葉やうずしおは友好的条件とされたため、遠くお互いに関連するなり、
今でもマークを木の葉のベストの背面に、その螺旋の背面にあるジャージー
渦くに、です(渦の緒里のマーク)

シール技術と特別なチャクラは、上で、今破壊された国としてマークされて。

153
水戸は、渦の緒からもされた。

暗部の仮面してるから、だれかわからないけど
技を見るからにマダラだよ。
最終ページは、マダラが赤ちゃんナルト抱っこしてる。

290
不明彼は暗部のマスクがあるので、彼のjyutsusから、そのマダラを判断する。
最後のページのマダラの腕の中で赤ちゃんNARUTO - ナルト -を持っている

___________________

よく内容がわからない人に超簡易


自分が人柱力だったことを明かし、事情を話し始めるクシナ。
2目の人柱力として選ばれ番、そのために木の葉につれてこられたと話すクシナ。
ナルトはなんで他の国の母ちゃんが人柱力にならなくちゃいけなかったんだと怒る。
他の国だったけど火の国と渦の国は深い関係にあり、千手一族と渦潮のうずまき一族は遠い血縁関係にあった。
生命力に長けたものが多い渦潮の里は長寿の里とも呼ばれて封印術を得意とするちょっと荒っぽい一族が住んでいた。
ナルトの四象封印もベースは渦の国の術で、ミナトに封印術を教えたのも私とクシナ。
木の葉の忍びが着てる服の背中にあるマークは渦潮隠れの里のマークで友好の証として用いられている。
その封印術を恐れられ、狙われ、今ではもうなくなった国で、生き残りも身分を隠して散り散りになってしまったと続けるクシナ。
だからってどうして母ちゃんなんだと聞くナルトに、
渦潮の里の中でも自分が特に九尾をおさえられるチャクラをもっていて、前任の人柱力も渦潮のくノ一&慣習になっていたのもあったし、
そのくノ一はうずまきミトとい初代火影の妻になった人で、自分も四代目の妻になると決めていたからとクシナ。
柱間とマダラの戦いを知ってるかナルトにきいたあと、その戦いで九尾を手にした柱間の力になるために、
ミトは封印術で自分の中に九尾を封印し人柱力になったと教えるクシナ。
そして、ミトの余命がわずかの時に自分が器として連れてこられたと続ける。
それじゃ物扱いじゃねーかよ!?と激怒するナルトに、自分も木の葉に来たときは知らなかったし、聞いた時はショックだった、
これは極秘事項で知ってたのは三代目を含め上層部数人、三忍ですら知らなかった、
でもプレッシャーや孤独で押しつぶされそうな時にミトがこう言ってくれたとクシナ。
?なナルトに、私達は九尾の器としてここへきた、でもまず先にその器に愛を見つけて入れなさい、
そうすれば人柱力として生きていくことになっても幸せでいられるといわれた、だから私は幸せだったというクシナの言葉に思わず涙をこぼすナルト。
ナルトはなきながら、16前の事件はマダラの仕業ときいたけど年、何で母ちゃんが九尾を持ってんだと疑問を投げかける。
ミナトのほうは時間がなかったのねミナトが詳しく教えてないとわかり、そのことも教え始めるクシナ。
襲ったのはマダラだけど、寸前までは私が持ってた。でもなぜかその男は封印が弱まる唯一の機会を知っていてそこを狙われ奪われたとクシナ。
なんだってばよそれ?と聞くナルトに、出産よとクシナ。
妊娠から出産までの10カ月、封印のエネルギーが子供に移行していくために封印が比例して弱まる。
16年前の10/10へ回想。
ミナトの家。出産の時の話をするミナト、クシナ、三代目? 、その妻ビワコ。
もしものことを考え、里から少し離れた結界の中での出産する、出産にはミナト、ビワコ、暗部のタジを付き添わせると三代目。
護衛もつけるが三代目直轄の暗部。場所までビワコが案内すると、移動をはじめるビワコとクシナ。
その途中でサスケを抱えた母のミコトと遭遇。サスケという名前は3代目の父と同じ名前。強い立派な忍びになるようにとミコト。
結界のある洞窟で出産をはじめるクシナ。九尾が出ようともがくのを封印術で抑えるミナト。
その外では面をつけた黒いフードに身をまとった男が、護衛を片付け、洞窟の壁をすり抜けて中へ入っていく。
ナルトーはやくでてこーい、九尾はでてくるなぁ〜とミナト、そのすぐあと、ナルトの泣き声が。
無事出産を終え、今日から父親だと泣くミナト。クシナもやっと会えたと喜ぶが、すぐに九尾を完全に押さえ込むよとミナト。
だが、そこでビワコとタジの悲鳴が聞こえ、二人倒れる。その視線の先には先ほどの男がナルトを抱えながら、
ミナトに人柱力から離れなければ、この子の寿命は一分で終わるというとこで次号。

男の仮面はどっちかっていうとマダラの面にちかいかな。
右だけ穴空いてて変な模様ついてる。




PSYREN
カブトご立腹!



カブト『敵の本拠地に行くんだって?雨宮ちゃんアゲハと一緒に地獄に行くつもりかよ』
雨宫『ええ行かなきゃ霧崎は私達に何かあったら先に現代に戻って』
カブト『オイオイオイなんだよソレは!つーか水臭くねは! ?なんで?!なんで二人とも俺には"ついて来い"の一言もねーんだよ!? 』を
雨宫『え? 』
カブト『行くよ俺も仲間だろ役に立つからさ反論は受けつけねェからな雨宮ちゃんは"は"って言やいいんだ』ありがとう
雨宫『あありがとう』
カブト『雨宮ちゃんさぁアゲハにちゃんとアイツに伝えた方がいいんじゃねぇの自分の気持ち』
雨宫『え!?なッ何が?! 』
カブト『オレが気付いてないとでも思った?まーアゲハも相当鈍感そうだけどいいのかいこのまま行っちゃって』
顔を赤らめる雨宮


アゲハと飛鳥
チチ『 "は"を覚えたいあなたはそう言ってるんですねノヴァ?アレは命を削りとるとても危険な領域です
覚える前にあなたの体が壊れるかもしれません最悪跡形も無くなって死ぬそれでもあなたはその領域に踏み込みたいですか』
"この闘いに負ければもっと酷い結果が待ってるんだだからどんな可能性であろうと強くなれるなら俺はなんでもする"アゲハ
チチ『 · · ·分かりましたただし身につけられる保障はありませんよ難しい上に相性が重要なんですカイル君たちには無理でした』

様子を見ている雨宮飛鳥の手から
チチ『 PSIのを構成する4番目の力ーーー"ノヴァ" 』

飛鳥の全身から
チチ『それはライズトランスバースト全ての力をは"包括"し"融合"させるヒトとしての物体限界を超え完全に人とPSIのを融合させる力ですーー』

チチ『細胞レベルからPSIのと同化し精神も身体も全てが同格になるいまの私はは""と言うより一つの"存在"そして人体の枠組みから解き放たれたPSIのは爆発的なエネルギー人间となって煌めく! 』

ノヴァでアゲハの手をつかむ
アゲハ『 ! ? 』
チチ『今から私の力であなたの体細胞に同じ現象をおこします』
アゲハ『 ! ? 』

アゲハの手が
アゲハ『あ!ぐああッ! 』
チチ『とてつもない痛みでしょう身体が拒絶反応を起こしているんです今のでまだ融合率2%それをコントロールしてください僕が渡せるのはほんの数%はのノヴァ化するための引き金
激痛に加えあなた自身がノヴァ細胞に飲み込まれ消し飛ぶ恐れもあるどうしますかそれでもやりますか? 』
アゲハ『やるよやらなきゃ姉キもマリーも助けられねぇ! 』
チチ『 · · ·いい心意気です』
雨宫『待ってください!私も私にもそのノヴァを身につけさせてください』
アゲハ『雨宫! 』
雨宫『こういうのって一人でやるより二人で頑張った方が早いのよ』
アゲハ『何言ってんだよお前! 』
雨宫『 · · ·私も強くなりたいあなたとずっと一緒にいたいから足手まといにならないように私も強くなる』
チチ(アツアツじゃないですか) 『いいでしょう二人で明日の出発までにノヴァを習得してもらいます』

703 :名無しさんの次レスにご期待下さい: 2010/06 / 30(水)午前17時28分38秒番号: ejJxfooi0
周囲に星が
チチ『ただそれには余りに時間が短すぎるだから私が時間を引き延ばしてあげましょうーーー』
アゲハ『周りの星が! 』

まわりに星空間が玉のように
チチ『 "は時間まで引き伸ばします約四空间重力特异を点"高速に近い運動と重力作用が時空を歪めこの空間のみ極めて特殊な時の流れを作り出す本来私達に残されていた20時間を100星日それで何とかして下さい』
雨宫『これが夜科のお父さんの力きっと何十年も前からこの力の素質があったのねそれが肉体に影響を与えていた』
アゲハ『 · · ·親父が若い理由がやっと分かったよ』
チチ『では始めましょう二人とも手を引き金となるノヴァ細胞を渡します4日で100 %···!あなた達ならもしかしたら可能かもしれない! 』



[アジェンダ私南緯の· E類首都アストラルナーヴァ] [直径18キロにも及ぶドーナツ状のアジェンダ私南緯の· E類本部と] [周囲を取り囲む100以上のの神経制御塔] [その関東一円を夥しい数の巨大なパイプラインが埋めつくす]

変なのにとらわれているイアンたち周囲に柱が4本
イアン『心配するなフブキ必ず救援が来るシャオたちを信じよう』
おあね『ええ』
イアン『どうやらあの柱でオレ達のPSIのを抑え込んでいるようだなPSIのが使えれば何か手の打ちようもあるんだが』
マルコ『あう? 』

柱が4本とベット
キセ『おおはようマリー』
マリー『あなた!ここはどこ?! 』
キセ『落ち着けまだ何もしないそして力を封じているからお前も何もできないししばらく友達になろうママリーのことをよく知りたい何をするにもまずそれからだ』

ジュナスに飛びつくカプリコ
カプリコ『ジュナスーーー♪』『いてッ』『死にかけてたって聞いてとんできた』
ジュナス『心配するなお前を置いて俺は死なない』
03号『レジスタンスに敗けたんですって?アンタの時代も終わりだなジュナス第二星将おまけにスカージを半分失ってアンタ責任取れるんですか? 』
ジュナス『お前にどうこう言われる筋合いはねぇんだよグリゴリ03号』
03号『 "ウラヌス第三星将"は呼んでくださいよ』をちゃんと


弥勒『は直径12キロの巨大な釜がとうとう培養された生命の結晶によって満たされようとしている新世界の礎がこれで完成するもうすぐだグラナ俺達の世界が始まる』
グラナ『フゥンまあ見届けてやるさ---できるといいなちゃんとお前の望む世界が』
かがり火たん胸がある


弥勒『 · · ·そうか空に穴を開けられたかウラヌス第三星将シャイナ第四星将ヴィーゴ第五星将カプリコ第六星将全員集合しろ』
ジュナス『攻めてくるか!? 』
弥勒『来るさ仲間を取り戻しにな戦闘準備だ』
グラナ『そーゆーのを待ってたんだよ』
弥勒『全力を以って出迎えてやるとしよう』


迫る、戦いの刻!


転载完了





06/30のツイートまとめ

zyagaimospring

日本まけた><
06-30 02:01

06/24のツイートまとめ

zyagaimospring

@muzi82k :まーくんスカイプしてるん?
06-24 14:20

06/22のツイートまとめ

zyagaimospring

@RUNENIi どんまいww
06-22 14:06

jump30号

リボーン
継承式はやめよう。9代目

電話がくる


ツナ病院に駆け付ける


山本かなり重症


山本見つけたのはりょーへー


水野 先に帰ったと嘘つく

山本、ダイイングメッセージを残すも核心はけされているが
『delitto』罪の単語だけのこっていた。

罪というの継承式で受け継がれる小瓶で血が封印されてる。
罪が犯人の目的なら継承式を行えばそれを狙ってくる。
きっとまた仲間を襲ってくる、それは許さない。
山本を襲ったやつを絶対捕まえる。


ツナ 継承式やっぱやる!


終わり。


サイレン
Cカラー 雨宮・フレ・マリー三人です

艶やかにーー
三輪の花、薫る。
Colour page shows the girl Trio Amamiya, Marie and Fu.
Brilliantly, the flowers in bloom scents all around.

CALL,123 ”太陽”
Call 123 : Sun

タツオの銃が
曇天を貫き
光をーーー!!
Protuding the dark sky, was Tatsuo's gun-!!

溶ける(蒸発?)する禁人種達・・・
禁人種『キャアア』『ピギィィ』
Tavoos melting (evaporating) away...
Tavoo : "Kyaaaa!" "Pikiiiii"

イルミナを押さえるジュナス・・・
クサカベ『こら いけるで・・・!!バンバン撃ったれタツオ!!!』
ジュナス『が・・・ッ』
Junas hand pressing hard on the Illumina on his chest....
Kusakabe : Hah, things are going our way...!! Shoot! More of that Tatsuo!!!
Junas : Gah....

手から・・・
ジュナス『ぐううッ』
From his hands...
Junas : Guuuh!

周囲を・・・
ジュナス『かアアアアッ!!!』
Amassing strength...
Junas : Haaah!!!

吹き飛ぶ飛鳥・・・
チチ『アゲハ!!!』
Asuka sent flying...
Dad : Ageha!!!

爆風に巻き込まれるアゲハ・・・
チチ『アゲハー!!!』
And the explosive forces reaches Ageha...
Dad : Ageha-!!!

出口方向に歩くジュナス・・・
ジュナス《撤退しろ!!》《高濃度の汚染だ!!!》《イルミナが機能しなくなる》《撤退しろデルボロ!!》
Junas approaching direction of exit...
Junas : Retreat!! High concentration pollution!!! Illumina is not functioning here!! Delboro retreat now!!!


カイルと格闘中のデルボロ・・・
デルボロ『どうやらここまでのようだ ・・・久しぶりに楽しかった --いずれ決着はつける』
カイル『まてよ この野郎!!!』
Delboro still in battle with Kyle...
Delboro : That's all now... It's nice matching up with you - we'll decide who's the better one someday!
Kyle : Wait, damn!!!

撤退するデルボロ・・・
カイル『クソッッ』
Delboro escaped...
Kyle : Shit!!

上空から周辺を伺うヒリュー達・・・
クサカベ『にしたって数が多すぎる!!タツオじゃカバーしきれんは!!』
ヒリョー『あのビルの周囲だけでも光で囲むんだ!!』
Kiryuu & co still up the sky...
Kusakabe : There are too many down there!! Tatsuo alone can't expose them all!!
Hiryuu : Even if we can't finish all, at least let's make sure the surrounding of that building gets lit up!!

燃える禁人種・・・
フレ『クックック おるわおるわ ウジャウジャと・・・!! 飛んで火にいるカスの虫とはこのこっちゃ お前ら全員もやし尽くしたるわ』
クサカベ『うおおなんやあのパワー!!! ハイパー強いであの味方ァ!!!』
フレ『燃え尽きろォ・・・ 』
Tavoos burning...
Fu : Kukuku...... This is nice, scream and scream more...!! Every single one of you should turn to ash just like now insects catching fire should!
Kusakabe : Uwow that power! We've hyper strong people supporting us!!
Fu : Up in ash now....

ヴぁあん《みんな・・・!!マリーさんが・・・!!!》
フレ『その声は・・・ヴァン!!?』
ヴぁあん『マリーさんが・・・!!W・I・S・Eに攫われました・・・!!!』
フレ『何処に!!!?』
Van : (Everyone....!! Marie's got...!!!)
Fu : That voice.... Van!!?
Van : Marie, she....! The WISE took her....!!!
Fu : Where!!!?

叫ぶフレデリカ(サラマンドラ)・・・
フレ『マリーは何処!!!』

Screaming Federica (Salamandra)....
Fu : Where are you Marie!!!

860 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06/16(水) 15:59:17 ID:Z5MECX360

爆風が晴れる・・・中からアゲハとオドが・・・
チチ『アゲハーー!!』
オド『止血はしておいた ・・・あまりつまらないところで死なないでくれ ここからが面白くなるんだから』
The explosion debris settled.... In it was Odo and Ageha...
Dad : Ageha-!!
Odo : I've stopped the bleeding... Don't die unnecessarily in random places like this! Things are just beginning to get interesting here!

オドのアップ・・・
オド『キミに伝えにここまで来たんだ 「舞台は用意しておく」と』
アゲハ『・・・! お前は・・・!!』
オド『じゃあ・・・ また会える時を楽しみにしておくよ』
アゲハ『待て!!!』
Odo, close-up...
Odo : I've come to tell you this - that "The stage is getting set-up"...
Ageha : ...! You're...!!
Odo : That's all for now... Look forward to meeting you again!
Ageha : Wait!!!

山頂から周囲を見渡すジュナス達・・・鬼瀬がマリーお姫様抱っこ・・・マリー気を失ってます・・・
ジュナス『奴らめ・・・ 汚染区域を拡大されている・・・ この一帯の神経制御塔のコントロールをチェックしろ』
デルボロ『マスクを使ってもう一度攻めますか』
ジュナス『・・・いや マスクは無駄だな・・・ ここの太陽光汚染はすでに島原を軽く超えている 一旦帰還する』
Junas & co on hill top nearby... Vigo carrying Marie with both arms... She was still unconcious...
Junas : This ... They've widen the pollution zone... Check the controls of the Neuro Towers around!
Delboro : Shall we invade again after equipping with mask?
Junas : .....No, that'll be useless too... The sunlight pollution here far exceeds what we saw in Shimabara. Just go back for now!

タツオとクサカベ二人地上に・・・
クサカベ『その辺でええわ タツオ 隠れるで 神経制御塔が機能しとらんからな・・・ 破れた膜は しばらく生んだ傷口のように勝手に拡がっていくハズや ヒリューが戻るんを待とうや』
Tatsuo and Kusakabe on the ground...
Kusakabe: Just stop here, Tatsuo - the Neuro Tower is not effecting.... And the broken membrane will still expand a little like wonds does! Wait for Kiyruu to come back!

ヒリョー『ーー夜科 やっぱりここにいたのはお前達だったか』
アゲハ『ヒリュー・・・!! 無事だったか・・・!!』
ヒリョー『まァな ・・・こっちの状況は良くないようだな』
アゲハ『・・・ああ 悪い ーー猛烈に悪い』
Hiryuu : ....Yoshina! So the ones here are really you all!
Ageha : Hiryuu...!! You're alright...!!
Hiryuu : Well..... You are the one who don't look fine!
Ageha : .....Yeah bad..... Very bad...


安堵の根の住民達・・・
フレ『マリーを助けに行く・・・!! アンタがなんと言おうとアタシは行く!!』
シャオ『ああ僕も行く!』

Root residents relaxed...
Fu : We've got to go and save Marie...!! No matter what you say I'm going!!
Shao : Yes I'm going too!

ベットに寝込むエルモア・・・カイルとヴァン・・・雨宮・・・
カイル『ーーーー・・・おい 何だよ ヴァン 治らないってどーゆーことだよ・・・?』
エルモア『もうええよ ヴァン』
Elmore lying on bed.... Beside was Kyle and Van... Amamiya...
Kyle : ......Oi, Van! Why have you not healed Granny yet...!?
Elmore : It's enough, Van...

ヴぁあん『!!』
エルモア『仰山生きた』
Van : !!
Elmore : I've reached the end of my road.

エルモアの
命の灯が、今・・・!?




06/16のツイートまとめ

zyagaimospring

@tiptapstip お疲れです^^
06-16 17:51

06/13のツイートまとめ

zyagaimospring

@tiptapstip : ちょい遅いですけれど、普通にいいですよ  っつか自分ストパーかけてもあまりかかりにくいけん、そこらへんはうらやましい><
06-13 19:08

06/09のツイートまとめ

zyagaimospring

レポート全部終わったぞwwwさて次は試験だ><
06-09 01:05

疲れる

さてこの1カ月半にレポートが10個でて
今日いまさっきやっと終わりました^^

そんな自分に拍手してください
主はめっちゃ喜びます^^www


いまさらなんですけど
Twitter始めたので
よかったらフォローしてください

っつかしてね
まだ少ないし><


Jump28号

ナルト
拾い物なので
ネタばれの信憑性がないが・・・・一応載せておきますね
話もつながるし


表紙はクシナ
母(クシナ)を見たナルトは・・・!

九尾「お・・・お前は!!」
ナルト「・・・誰・・・だってばよ?」
クシナ「母・・・ですよ」
ナルト「え・・・」
クシナ「うずまきナルトの母 うずまきクシナです」
ナルト「俺の・・・母ちゃん・・・!?」
クシナ「そうよ ナルト」
ナルト少し涙「ほ・・・本当に 母ちゃんなのかよ!?」
クシナ「何回も言わせないでよね 母のクシナ“だってばよ”」
ナルト微笑む
クシナ「大きくなったわね 本当に」
ナルト「母ちゃん・・・本当はもっと話がしてぇけど 今はまずアイツを取り込まなきゃならねぇんだ・・・」
クシナ「・・・そうね ついにこの時が来ちゃった・・・か」
ナルト「ついに? 母ちゃんってばこの時が来ることが分かってたのかよ!?」
クシナ「ある程度はね でも来ちゃったからには・・・アナタのためにも そしてミナトのためにも やるしかないわね」
ナルト(ミナトって・・・!)
ナルト「俺ってば父ちゃんに会ったんだ!!」
クシナ「知ってるわよ かつてミナトが里を救ったようにアナタが里を救ったこともね」
ナルト笑って「へへ そうか」
九尾「・・・ 何故お前がここに あの時ワシが殺したはず・・・!!」
クシナ「そうね ワタシはあの時死んだ ただ最後に一つの術を残して」
回想
九尾襲来
暗部「火影様!!このままでは里に九尾が・・・」
四代目「・・・」
クシナ「ミナト・・・」
四代目(!)
クシナ「ミナト・・・ アナタ・・・」
四代目「クシナか どうしてここに?」
クシナ「アナタが心配で・・・」
四代目「なぁに 心配しなくてもいいよ 里はオレが守る」
クシナ「死ぬ気じゃ・・・ないんでしょうね?」
四代目「・・・ 仮にオレが死んだとしても それで里を救えるのならイーブンてとこでしょ」
クシナ涙「ミナト・・・」
暗部「・・・」
四代目「なぁに さっきも言ったろ? 心配ないって」
クシナ「止めても 行くんでしょうね」
四代目「ハハハ・・・ まぁね マルタ! クシナを避難させろ」
暗部(マルタ)「ハイ!」
クシナ涙ながらに微笑んで「ミナト 信じてますよ」
四代目背中向けた状態のまま黙秘
暗部(マルタ)「では行きましょう」
クシナと暗部(マルタ)去る
四代目(さて・・・行くとしようか)
クナイを遠くにいる九尾に向けて投げる

路地裏的なところで
バタッ 暗部(マルタ)倒れて気絶
クシナ(ゴメなさいね・・・でも私・・・行かなきゃいけないわ)

九尾の前に飛んできたクナイ そしてそれと同時に四代目が現れる
九尾(!)
木の葉の忍たち「火影様!!」
四代目「お前たちはもういい 退け」
忍a「ダメです火影様! 相手はあの九尾です いくら火影様でも一人じゃ無理です!!」
四代目「まっ 犠牲無しでいけるだなんて思ってはいないけど 極力犠牲は減らしたいからね お前たちには退がっててほしい」
忍b「火影様・・・」
四代目「分かったなら早く退いてくれないかな 巻き添えなんて喰らいたくないでしょ?」
忍たち無言で悩んでから皆で四代目を見て
四代目ニッコリ
忍達も笑顔 退く
九尾「お前が四代目火影か・・・ 殊勝な事だ 下の者たちを退かせ自分一人でワシに挑もうとは だがお前ごときじゃワシうを抑える事は出来んぞ」
四代目「抑える? そんな事」
四代目すんげぇ気合い入った顔で「最初から考えてない むしろお前を殺すつもりだ 九尾」
九尾「言ってくれるわ・・・小僧が だがそれは“無謀”だ」
四代目「無謀・・・ね 俺からしたら希望に近いんだけどね」
九尾「ガハハハ ワシを抑えることなど出来ん!!」
九尾砲準備
四代目(あれを避けるのは容易いけど・・・後ろには里か・・・)
四代目四方八方にクナイ投げるまくる
四代目印結んで「時空結界の術!」
投げたクナイから結界線?が出てきてそれぞれ繋がって大結界ができる
九尾砲発射
四代目印結んで「刹」
言った瞬間に九尾砲が結界を超えたところに転送?されて空に向かって飛んでいく
九尾「グググ」
四代目クナイ片手に「こりゃオレの勝ちかもね」

時空結界!四代目が九尾を圧す!
おわり

——————
ナルト母親の助けを得て、母親の言う事を信じる
事で九尾の憎しみに打ち勝つ
九尾の憎しみを消し去りチャクラのみを手に入れる。




やっぱ違ったww


どうやらクシナには、特別なチャクラがある。
どんな能力かは不明。
雲隠れに誘拐されたことがある。(そのチャクラを狙われて)



クシナ、アカデミーの時、他里から引っ越してきて
女で初火影になる!発言後イジメにあう
あだ名は トマト(髪が赤いため)
しかし返り討ちにして、相手をトマトにしていた。
後のあだ名が 赤い血潮のハバネロ

木の葉の黄色い閃光と
赤い血潮のハバネロが合わさったら


ナルト『木の葉のオレンジの火影だってばよ!!』

父と母の意思は受け継いだ
いざ九尾を倒せ!!
次週

迷惑かけてたので今回は画像を貼ります
152m4hv[1]
2czob2g[1]

感動的再開だ^^
っつか髪長いww
個人的にクシナ結構かわいいwww





サイレン
CALL,122 ”ノヴァ”


ジュナスVS
父・飛鳥!!

ジュナスの攻撃・・・かまえる飛鳥・・・
チチ『愛があるから 人は限界を超えられる』
アゲハ『よけろ親父!!!』
チチ『強くなれるんです』

飛鳥の周りに宇宙の玉が・・・
チチ《星空間》
ジュナス(攻撃がはじかれた!?)

玉の中から・・・
チチ『ここは あなたの力も届かない私の支配領域・・・・・・ ここから更にーーー』

光る飛鳥・・・
チチ『あなたの力を封じる為に 限界を超えて力を加速させるーー・・・!』
ジュナス(!!!? 奴のPSIが急激にーー・・・)
アゲハ『力が広がっていく』

ジュナス(閉じ込められた・・・!!? それになんだ 体がどんどん重く・・・・・・)

光っている(白い)飛鳥の攻撃・・・
チチ『これからあなたには 何もさせません』
ジュナス『!!!』

鼻から血を出すジュナス・・・
ジュナス(コイツ・・・!!)

神刃を出すジュナス・・・
ジュナス『・・・!』(神刃の出力が50%以上封じられている・・・ 加えてこの鉛のように重い体)

飛鳥の攻撃のターン・・・
ジュナス(そしてこの男だけが 羽のように軽く)

攻撃を続ける飛鳥・・・鼻から・・・
チチ『フゥツ』
ジュナス(鼻血・・・)
アゲハ(親父・・・!! 何でこんなに強く・・・ でもなんか不思議だ・・・ 急に服の色が変わってとてつもないPSIの力が・・・ これは一体・・・?)

上半身の服が破れ・・・床に倒れているジュナス・・・胸にイルミナが・・・
ジュナス『成程 重力まで操作してやがるのか・・・』
チチ『ハー・・・ ハー・・・』[まだだ・・・もう少しだけーーー]







242 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06 /09(水) 17:01:17 IDjoTufkt0
17時か

243 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06 /09(水) 17:02:54 ID4De/4h00
走るマリー・ヴァン・・・車椅子のエルモア・・・
ヴぁあん『ハァッ ハァッ』
マリー『今はとにかく格納庫へ』
エルモア『マリー!』

つかまるヴァン・・・
ヴぁあん『うぐッ』

床に沈められるヴァン・・・
ヴぁあん『わぁぁぁッ』
マリー『ヴァン君!!』
鬼瀬『あ・・・会いに来たよ マリー・・・・・・』
エルモア『ヴァン・・・!!』
鬼瀬『おっと・・・ 力は・・・使うな・・・ へ・・・下手な真似をしたら・・・ コイツをこのまま永久に沈める・・・ マリー・・・アイツひどい奴なんだ・・・俺の首の骨を折って・・・止めに心臓まで潰そうとしたんだ
 でも お生憎様・・・俺の心臓は・・・ 同化した背中と床から・・・ ヤツの手刀の届かない深さに沈めておいたから助かった・・・首の骨も・・・床となじんだ時に補強した・・・ まだいろんなトコがいっぱい痛い・・・』
マリー『ヴァン君を離して!!』
鬼瀬『うんマリー 俺は・・・マリーを迎えに来ただけだ・・・』
ヴぁあん『マリーさん 僕のことはいいから早く逃げて!』

壁から手が・・・そしてマリーに手刀・・・
エルモア『マリー!!?』

床に引き込まれるマリー・・・
エルモア『マリー!!!』

床に突っ伏すエルモア・・・
エルモア『その娘を連れて行くならワシを殺してからにしろ!! 連れて行かんでくれ・・・お願いだから・・・!! 行かせるものか・・・!! その子達はワシのかけがえのない宝なんじゃ・・・!』
鬼瀬『ククク アンタを殺したってもう何の価値も無い・・・ 無理をするなよバアさん アンタ・・・せいぜいあと1ヵ月の命だろ・・・? お・・・俺には見ればわかる・・・』

鬼瀬の腕を掴むエルモア・・・
鬼瀬『!』
エルモア『貴様らに命の何がわかる わしとこの子達は・・・!!この根で・・・ 誰よりも精一杯生きてきた・・・!! わしらが生き抜いてきた日々の価値は・・・1日たりとて貴様らには理解できぬ・・・!!』
鬼瀬『放せ』

振り飛ばされるエルモア・・・
ヴぁあん『おばあ様!!!』

床に完全に沈んだ鬼瀬・・・
鬼瀬『返して欲しければ俺達の首都まで来い・・・ お・・・俺を殺そうとしたアイツに・・・そう伝えておけ・・・!』

床から這い出すヴァン・・・
ヴぁあん『ぐッ 大変だ・・・!!』

週が飛鳥のエリアを解かれる・・・
アゲハ『!!? 親父!!』(さっきまでの力が・・・!!)

床にひざを着く飛鳥・・・
チチ(ここで力切れとかーーー・・・)

立つジュナス・・・
ジュナス『惜しかったな イルミナ無しでそこまで急激にPSIを高められる技術があるとはな・・・ 面白いものを見せてもらった』
チチ『フ・・・人間の脳は一個の宇宙・・・ まだあなた達の知らない領域があるんですよ・・・』

目と鼻から血を流す飛鳥・・・
チチ『「バースト」「ライズ」「トランス」そしてPSIの隠された最後の力・・・ 「ノヴァ」』
ジュナス『クク・・・隠された力だと・・・? 何を言うかと思えば・・・』

上空に・・・そして銃を放つ影・・・
アゲハ『親父!!!』
ジュナス『!!!』

244 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06 /09(水) 17:05:03 ID4De/4h00

ジュナス『何・・・!!!』
アゲハ『光だ・・・!!!』

光の柱に向かうドラゴン一行・・・
クサカベ『ちょあんま近づくなや!! 日の光浴びたらワシとタツオは死ぬんやで!!』
ヒリョー『分かってるよ!!』
タツオ『二発目行きます』
ヒリョー『ブチかませ タツオ!!!』


駆けつけし
友・・・飛龍!!


ブリーチ

断界につく愛染たち。そこへ拘突。
霊圧側ではなく理側の存在だからどうこうできるもんじゃないので、さっさといきましょうというギン。
だがその拘突を粉々にしてしまう愛染。オサレなセリフを吐いたあと、行こうか、理の涯へとSSに向かう愛染。
苺たち。一心の言葉にえ?と返す苺を頭突きで喝を入れる一心。
もう一度言葉を紡ぐと無理だ、答える苺。わかんねぇだろうが!と怒る一心にあんな霊圧したバケモンに勝てるはずないと苺。
その言葉に、やっぱりオメーはあいつの霊圧わかるのか・・・と意味深な発言。
行くぞ、といわれても何も答えない苺に、こねえでどうすんだ、また護れなかったってそこで座って泣くのかよ!?と叱咤。
SSに愛染がいった意味を考えろ、オメーがいかなきゃ空座町の奴はみんな愛染に殺されるんだといわれ、
たつきたちを思い出す苺。その言葉で気を持ち直した苺は一心にせんかい門を開けてくれと頼む。
SSに着いた愛染。空座町から少し離れた位置に降りた模様。ボクのせいじゃなくて隊長がやんちゃしはったせいですよとギン。
断界を進む苺たち。一心が拘突の気配がないことに気付く。
拘突がなくなり、それを放っておくとマズいらしいが、今は好都合だと一心。
断界は名前の通り、現世からもSSからも時間と空間が断絶された場所。
だからここに入ったものを長く留めさせないために拘突が存在した。
今はそれがないからここでなら教えられると一心。苺が何をだと聞くと、最後の月牙天衝だと一心。
SSの空座町。目を覚ますケイゴ。そして空座町に入ろうとする愛染で次号。

もう勝ち目ないぢゃんww
一護が斬月から新しい技とか習得するとかしないと勝ち目ないぢゃんww



リボーン
寄せ集めしてきたので
同じ内容を含む物がありますがそれは勘弁をww

エンマ一人まつ。
そこに鈴木
これでわかったでしょう。復讐を~~~~

学校内でエンマを探すツナ
そこにリボーン。
ホテルに行き9代目に10代目は断りたい。と

ロッカールームにて
継承式行くんだろ?~~~
リングに紙が巻きついてる。が落ちると、紙にボンゴレの紋章に×印

山本『打倒ボンゴレだったりしてな♪』
リングから炎が
一瞬で山本血だらけ。

次週。

ツナ継承断る
シモンの目的は継承の成功、それがシモン復興の条件。
カオル、リングとそれに巻かれたボンゴレの紋章にバッテンが書いてあるものが山本にみつかり腹を貫いて去っていく。
ヤベェ…ツナ…で次号


訳わからないww
もう未来編終わってからずっとカオスぢゃん
明らか未来いったせいで現代がおかしくなってるんぢゃんww

06/07のツイートまとめ

zyagaimospring

最近スカ友増えたなww
06-07 14:10

JUMp27号

ブリーチ
斬ったあとどうっすかと手ごたえを聞く裏腹。
あの姿になって霊圧が全く読めなくなったと親父。
恐ろしく強いのに戦ってもそこにいないみたいに感じる。
今あいつの力を感じ取れるのはあいつと同じ場所に立ってるやつだけだろうよと続ける親父。
粉塵の中から良い斬撃だったといいでてくる愛染。お顔にひび入ってる。
今の攻撃も理解したよ。そろそろ私の力も理解してもらおうと刀を構える愛染。
大きな音に振り向く苺。後ろ向いてええの?のギン。
もう戦士でも死神でも虚でも人でもない中途半端な状態であの三人が負ける相手に君が勝てるか?と問う。
何も答えられない苺にさらに、逃げ、もう興味ないし、愛染もがっかりする。理解できてるんやろ?今の愛染隊長の力が。と続ける。
それでも何も答えない苺に警告は今のでお終いや、まだ逃げへんのやったら今ここで斬るわと刀を抜く。
そこへ愛染が現われる。先ほど戦ってた方へ苺が目を向けると倒れている三人。
ギンに今何をしようとしていた?と問う愛染。何も、ちょっと力試しですというと、
そうかと返してから、センカイ門を開くように指示する愛染。SSの空座町へ侵攻すると愛染。
転界結柱を破壊する必要もない、王宮を落とすならSSで王鍵を創るほうが好都合だと愛染。
待てといおうとした苺だが、そこで愛染が脱皮。どうやら蛹籃の時は終わったようだといい振り向くとロン毛で目が虚化した時の状態の愛染。
君はここへ置いていく。君を喰らうのは全てが終わった後でいいと謎の言葉を残し門をくぐり消える愛染。
なんだよ・・・何が・・・と呆然とする苺に親父がフラフラながらも立ち上がり名前を叫ぶ。何をボサっとしてる、センカイ門を開けと親父。
親父と呼び返す苺の肩を組み、行くぜ、俺達が空座町を護るんだという親父のセリフで次号。




サイレン
CALL,121 ”神刃 ”

根に降臨する
星将・ジュナス!!


ジュナス『デルボロめ・・・こんな奴ら相手に何を手間取ってやがる・・・』
アゲハ(こいつ・・・!!)

暴王を構えるアゲハ・・・ジュナス一瞬で懐へ・・・
ジュナス『黒いバースト使いか』

ジュナス攻撃・・・円盤で防御も・・・壁にめり込むアゲハ・・・
ジュナス『捕獲してこい』
へんなの『キャハハハハハ』
シャオ『新手の禁人種か!?』

ジュナス壁に穴を・・・そこから・・・
シャオ『!!!』
へんなの『ヒュウ』
シャオ『しまった 中へ・・・!!』

ジュナス攻撃・・・避けるシャオ・・・
シャオ『ぬうう』
ジュナス『ーーーホゥ』

渦をまといジュナスへ突っ込むアゲハ・・・
アゲハ『シャオ・・・!!!』
ジュナス『ーーいいなお前ら 面白いよ ーー俺と闘いになると思ってるところが』

ジュナス両手から刃を・・・はじけ飛ぶボルテックス・・・
ジュナス『じゃあ味わえよ 絶望ってヤツを』

通路に横たわる鬼瀬の身体・・・右手がピクリ・・・

カイルとデルボロ・・・どっちも致命傷は無さそう・・・
デルボロ『降伏した方がいい』
カイル『ああ!!?』
デルボロ『ジュナス様が降りてきた 分からないのか? お前たちに勝ち目は無くなったんだ』

へんなの無双・・・下半身だけが膨らみ巨大に・・・
住人『キャアア』
イアン『フブキ!!!』

逃げる住人・・・イアンとフブキ抱きあいながら・・・
おねえ『イアン!!!』
イアン『フブキ!!!』
ハルヒコ『イアン逃げろーッ!!!』
ラン『吸い込まれた・・・』

へんなのの下半身に吸い込まれた住人・・・人魂のように・・・
ハルヒコ『!!』

そして消えたへんなの・・・
ハルヒコ『マズい・・・!!』(捕まった・・・!!)


631 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/06 /02(水) 16:22:21 ID:Lg2nyBQU0

壁にもたれかかるシャオ・・・壁には大量の血の跡が・・・そして崩れ落ちるシャオ・・・
シャオ(なるほど・・・心が読めたからといって・・・ その動きに僕の体がついていけなければ全く意味が無い)

ジュナス『自分の力を有効に使いきれていない それがお前の敗因だ』

壊れるボルテクス・・・腹をジュナスの刃で刺されるアゲハ・・・
ジュナス『そんな薄い装甲に俺の神刃が敗けるとでも思ったのか?』

伸びる刃・・・アゲハそのまま壁に激突・・・
ジュナス『期待外れだな』

上空から飛鳥・・・刃の上に着地・・・めがねを直しつつ・・・
チチ『じゃあ私が満足させてあげましょうか』

対峙する飛鳥とジュナス・・・
チチ『野蛮ですね あなた 家族はいますか?』

飛鳥・・・若いままでs・・・
チチ『人は護るものがあるから強くなれるんですよ 可能性は無限大なんです』


静謐なる怒り!!
アゲハの父・
飛鳥、推参!!!


ナルト
九尾と戦うナルトをビーが後ろからサポート
ビーのサポートで九尾の意思に入り込み、チャクラの元を奪えば、尾獣の持つチャクラを自分の力として使える ようになるとビー。
九尾の意思内で超大玉螺旋丸や風遁螺旋手裏剣などでチャクラの前まで辿り着くが、予想よりも大きな九尾の憎 しみに囚われる。
そこからまた半分黒いナルトが現われて、ヤマト等がサポートするが、消えていなくなれ!!と叫 ぶ黒ナルト。
そこに、いいえ、ここにいていいのよと語りかける人物。
その人物はナルトの母のクシナで次号


えぇ~~~www何で今頃 っつかクシナって何で死んだんだ?
クシナ画像

06/02のツイートまとめ

zyagaimospring

目指せ 剛チケ300枚ww
06-02 16:13

06/01のツイートまとめ

zyagaimospring

ねむwww
06-01 00:15

05/28のツイートまとめ

zyagaimospring

剛ガロン連戦中wwやっぱ思うようにいかない><
05-28 23:09

自分はオオナズチだった甘い言葉がが好きなようです
05-28 16:56

午前中終了ww 講義ww
05-28 11:56

JUMP26号

リボーン
簡潔に。
ギークがやられたことを知るボンゴレファミリー

つな、リボンと9代目のところへ。
9代目、無理にボスにならなくてもいいよ。やりたくないことは知ってる。
etc…
でも、もう1日だけよく考えてみてくれないか~~~~~~

家に帰るツナ。

リボン 9代目
何か 弾?粉?液体?の入った瓶を見てる
『罪』

ツナに受け継がれるものとは?
次週



ブリーチ
簡単に
吉良、乱菊さんまだ傷もなおってないのにとか言う


一護、仮面も結局なくなり
ギンに君、もう逃げたらとかいわれる


そして場面変わり、
まず夜一が突っ込む
なんか瞬光してあいぜんを地面にたたきつける
喜助、破道とか紅姫を使い
あいぜんの動きをとめる

そしてなんかごちゃごちゃになって
最後一心が月牙天衝をうつ













残りはまた夕方か夜に更新します

25号 jumpネタばれ

bleach404
藍ちゃんの演説。
聞くパパ 裏腹 夜一
ボーっとしてるイチゴの背後から銀
銀『サボろか 見物しよ~~~~~』
銀の煽りにのりイチゴホロウ化
キラ、気づくと 乱菊がいない…
走る乱菊…
市丸との再会は一筋の光となるか…?
次週


bleach404
英語版です。英語読める人はこちらがお勧めですww
まぁ読めない人でも画像でお楽しみっていう手もありますww













naruto495
ビーとモトイの拳合わせを見つめるナルト
ナルト(オレも里の皆とあんな風な関係になれてんのかな…)
闇ナル(表向きは良くして裏では今まで通りかもしれない)
ナルト(!!)
ヤマト「ナルト…どうしたんだい?」
ナルト「…いや、修行の続きしてくるってばよ…」
ビー「…まず自分が他人を信じなきゃはじまらねー」
ナルト「…」
モトイ(ビー…)
また滝の前に座る
ナルト「オレがみんなを信じてない…?そんなこと…」
闇ナル「信じられなくて当たり前だ、あいつらはオレに今まで散々酷いことをしてきた」
ナルト「お前はいちいちうるせーんだってばよ!」
ナルト「オレには第七班で過ごした絆がある!」
闇ナル「ならなぜサスケは帰ってこない?なぜサスケとサクラはお前を苦しめる…?」
ナルト「何言って…」
闇ナル「第七班…今やみんなバラバラだ…」
闇ナル「オレがどんなに想ってもサクラはオレを苦しめる…」
ナルト「違う…やめろ…」
闇ナル「オレがどんなに救いたいと願い努力してもサスケは罪を重ねオレを苦しめる」
ナルト「違う…やめろ…」闇ナル「苦しいのはなぜか?それは憎いからだ!」
ナルト「違う違う違う違う違う!」
膝をつくナルト
闇ナルト「闇の部分であるオレこそが本当のうずまきナルトだ」
闇の中で膝を抱えて泣き出すナルト
そんなナルトの肩を我愛羅が叩く(我愛羅奪回任務と同じ)
ナルトが顔を上げると周りにはイルカや同期やサイヤマト綱手シズネがナルトー!と叫んで手を振 る姿

ナルトが走っていきかき分けるとそこにはジライヤ「そうだな答えはお前に託すとしよう」
さらに走っていくとミナトがいてミナト「ナルトを信じてる」
さらに走っていくとサクラとカカシの姿
二人との思い出が何個か回想される
そしてサクラカカシの先を見るとサスケの姿がある
。サスケの姿を見据え
そこでナルトは目をつぶる
ナルト(そうだ…オレってば大事なこと忘れてた)
ナルトが闇の殻を打ち破る
闇ナル「なぜだ!?」
ナルト「お前の言ってることは全然違う!憎いから苦しいんじゃないんだ」
ナルト「苦しくて胸の辺りがギュッとなって…でもそれはお前の言う憎しみなんかじゃない」
闇ナル「!?」

ナルト「オレが苦しいのはみんなが大好きだからだ!大好きだからこそ苦しいんだ!」
ナルト「オレがみんなを信じてるからみんながオレを信じてくれてる!」
ナルト「これがうずまきナルトだ!」
闇ナル「なんだと!?」
ナルトが螺旋丸で闇ナルト撃破。
ナルトが滝から帰還
ナルト「どうだ!タコのおっちゃん!」と拳を突き出す
するとビーが笑いながら拳を突き出し返す

終わり


こちら英語版画像
naruto495
闇ナルト撃退したってことはもうちょっとで九尾コントロールできるのかなぁ?















one piece585
兄弟杯:表紙はマゼランとハンニャバルだったかと

エ:なぁルフィ最近サボの様子が変じゃないか?
ル:しらねぇ
エ:ひとりで街のほうに行くのを見たことないか
ル:あぁ父ちゃんに会いに行ってるみたいだぞ
エ:父ちゃんだと!?

場面変わって
エ:おいサボお前父ちゃんがいたのか?どうして黙ってたんだ
サ:別に
エ:おい俺たちの仲に隠しごとがあっていいと思ってんのか?
話せよみたいな感じで首絞められてるサボ
サボが父親が貴族であることを明かす
そして父親が世界貴族である天竜人で自分を連れ戻しに来たことを明かす
それで街に行って何度も戻るのを断っていた様子
ルフィとエースは天竜人の地位をわかっていないようでまぁいいやみたいな感じ

場面変わって
サボの父親と首輪が付いたおそらく奴隷たちが
ブルージャムに札が入ったケースを渡し
サボと一緒にいる二人のガキを始末し
サボを連れ戻してくるように頼んでいる

ブ:サボにもう俺たちの金を奪ったことは怒ってねぇ
  しかし驚いたぜ、街で一番の糞ガキの親父が天竜人だったとわな
  親父が待ってるから早く来いみたいな感じのことを言う

おとなしくついていくサボ
そして父親のものとについて
サボが家には戻れないと言って
そこにルフィとエース・・・
親父が二人の始末はまだだったのかみたいなことをいう
ブルージャムが金をもらったからにはちゃんとやるみたいな感じ

サボ:何でも言うこと聞くから2人には手を出すなみたいな感じ
ルフィ、エース:俺たちは何とかなるから言うことを聞くなみたいなかんじで
サボが泣いているシーンで完!!


英語版画像
one piece585
最近あまり何かつまらないっておもうのは俺だけかwww
















Psyren119
CALL,119 ”報い”

アッシュ、
怒りの一撃!!

襲い掛かるアッシュ・・・
黒髪『クソ野郎だと・・・!? テメェ誰に向かってクチ利いてんだ』

光るカブトの眼・・・
カブト(”脅威”の幻視)(おれに視えるのは数秒先に起こる死の脅威ーー・・・)(死を予兆する 凶々しい白いオーラ)

見えた脅威を集め・・・アッシュに・・・
カブト『ヨヨ!!!』
ヨヨ《コノ腕デ?ムハ》《”運命”》《祓ウハ”脅威”》《死ノ運命ヲ操リ回避スル》《「弱者のパラダイム」》

飛ばされるアッシュ・・・
黒髪『キ サ マァ・・・!!!』
カブト『お前のツラ・・・ 中学ン時に毎日オレをブン殴ってきたヤツによく似てるぜ いつも人を見下して・・・ 他人を踏みつけて・・・ 笑いやがって だから暴力ふるうヤツはキライなんだ』

力を出すアッシュ・・・多数のトランプを・・・
黒髪(殺す・・・!! 最高の技で キサマを潰す!!)
カブト『・・・確かに俺はヘタレの臆病者だ ・・・でもなーーー』

かっこいいカブト・・・アッシュを指差す・・・
カブト『お前は今ここで 他人を痛めつけてきた全ての報いを受け取りやがれ』
黒髪『ほざけうじ虫が』

はじける周囲・・・多数の爆発・・・
黒髪(幻視・・・そう幻視だ コイツ・・・ あのドルキをやった面子の中にいたやつだ テメーが視てるのは数秒先の未来か それと同等の何か・・・ だがその眼を塞がれたら どうする 幻視!! 
この視界のきかない絶え間ない爆発と粉塵の中をたかだか数秒の読みでどう生き延びる!? 例えそれが出来たとしても・・・ 俺が八つ裂きにしてやる!!!!)

ヨヨの手には脅威の玉が・・・それをカブトに・・・
ヨヨ《ヤツガ創リダシタ"脅威"ヲ集メタ結晶体・・・》《俺ガ出来ルノハアクマデ操ルコト》《ココカラ先ハ・・・》
カブト『ありがとうヨヨ 大丈夫 俺がやるよ』

カブト『ライズ全開』

カブト(イアン式ライズ 放射)


926 :名無しさんの次レスにご期待下さい:2010/05 /19(水) 18:22:28 ID:lmgXoYVS0

少し回想・・・
イアン『いいか?イアン式ライズとは即ち「相手の生命波動を感知する」こと・・・ そして「エネルギーの循環操作」だ 相手の呼吸・脈動 生命の律動に同調しこちらのPSIを体内に流し込み相手を癒すんだ』
カブト『相手のリズムを感知・・・!? オオ相手の呼吸に合わせるってことかァ!! スッと懐に潜りこむ・・・すげえかっこいいじゃん!!』
イアン『おいヒョロヒョロ お前戦闘のプロか 戦闘向けじゃないからパワーはつかん 例え潜り込めたところで死ぬだけさ』

イアン[「逃げ足の速さくらいならもう少しマシにしてやるよ それで満足するんだな」]

懐に飛び込むカブト・・・腹に掌底を・・・
黒髪『!!!』
カブト『やらなきゃなんねぇ時もあるんだって・・・!!』
黒髪『!? ・・・あ!?』
カブト『ヘタレのパンチなんか喰らってんじゃねーよ』
黒髪『テメ・・・ ・・・!?』

燃える様にアッシュの身体から・・・
黒髪『何・・・!?』

黒髪『なんだ この光・・・ テメエ何しやがった!?』
カブト『見えんのかい? それはお前が産み出した死の脅威の塊 それを全部・・・ お前に返してやっただけさ』

アッシュが自分で出したカードが降り注ぐ・・・そして爆発・・・
黒髪『ガ アア』

吹き飛ぶアッシュ・・・黒こげ・・・たたずむカブト・・・
住民『倒したのか・・・・・・!?』『スゲーじゃんアイツーー・・・』
カブト『ーーーあんまり気持ちのいいもんじゃねえな ・・・分かってたけど』


初めての勝利。
その余韻、
その苦味・・・。

見えないとか・・・・・
それぢゃぁある意味無敵wwww













シッピが美人なことがわかった。
そして話は進まない。
ギークファミリーは、骸骨の仮面をかぶっている

ギークファミリーA『時期ボンゴレボスの手土産だ』

倒れてる男
『あの女戦士のリングはどの属性とも違っていた。ボンゴレが危ない』

なんだか危機が迫ってます。

いやギークが死亡ではないと思う。

継承式まであと3日

ヴァリアーは出てないような。


シッピ UMA 獄寺メイン話に
ギークが来て
新たな属性か??って話。




何かどんどんカオスになってきてる
っつか新しく出るキャラクター一気に出すぎだろ
何か新しい属性もでききたっぽいしwww
Reborn









バイト

さて
もう大学生活から1カ月半


このままではやばいと思い
遂にバイトをすることにしました

案外一回で面接とテストをクリアし
見事に採用されました



ちなみに塾の講師ですね
俺なんかできるんかなぁっておもいますが、精一杯頑張ります


まぁその為に最近は中学生と高校生の勉強をしています><
何か懐かしいなぁって思いながら~




誰かコメントください
励みになるので

nurarhyon

しょうけらは人の罪を天に告げる妖怪で、罪を問い人の命を奪う。
伝承では60日に一度くる庚申の日に人の寝ている間に天に昇って罪科を告げる妖怪。
だから庚申の日には寝ずに、鬼神像の青面金剛を祀って徹夜をする。
青の名前は青二才から青坊主、さらに田舎くさいから青田坊とある聖人に名づけられた。
僧兵として千人以上もの武士を殺し、破戒のかぎりを尽くしたのち、捕らえられ処刑寸前でとある聖人にあう。これ以上人を殺せば青面金剛のような化け物になってしまう、
(青面金剛とは荒ぶる神で病を撒き散らす極悪な鬼神だが「時には」人を救うと神を祀られる)
これから犯した罪の数だけ人を救え、人に戻れるか、鬼神になるかはお前次第だと目をひらかされ、人の為に生きることにした。
いつの間にか戦災孤児が集まるようになったが、その家が襲われる。
もう少しで人に戻れたが、それを見て襲ったやつを全員殺してしまう。
そこへ聖人が訪れ、青が詫びる。約束やぶっちまったけど、しょうがねぇよな、こいつら守るためだったんだからよぉ・・・と。
目くらましで眩んだところをしょうけらにさされ、倒れる青。
建物の中にいたカナ達が連れてこられる。しょうけらはゆらを探している。
27代目に居場所を問うが戦にでておる、ワシを殺すなら殺せ、未来はもう紡がれているといって首チョンパ。
子供は関係ねぇだろと青が要求するとしょうけらはカナたちの罪を問い、生き肝を羽衣に捧げる為に殺そうとする。
それをみた青は子供から手を離せやと力を振り絞り、鬼神のごとくしょうけらの顔をつかみ叩き潰して次号。


青もやっぱ強いなww
っつかこんなnい強いなら四国妖怪とか楽勝だったんぢゃないか

reborn289

標的289 緊張
薫ちゃんと山本の2ショット
表紙煽り:心優しき野球バカコンビ誕生!!

本編煽り:継承式までボンゴレとシモンでツナを警護!本日の警護担当は…!?
学校の野球グラウンドに山本と薫が立ってる
ツナ「山本!!」
山本「よおっ」「来たなツナ!」
ツナ「ひっ」
竹刀持って立ってる薫
ツナ「いたっ」「本当に水野薫って人…」「野球部なんだ…!!」
 (どう見てもヤバイ不良って感じだけど… だ…大丈夫なのかー!?)
『前日』沢田家。
ツナ「え゛―――――!?」「明日オレの警護にくる水野君ってあの不良みたいな人なんですか!?」
青葉「結局な。お母様のおいしいご飯のお礼にひとついいことを教えてやろう」
 「水野薫の別名は「ダイナマイトデビル病院送り薫」だ」
ツナ「わかりやすい怖さだ―――!!」「ひい―――!! どうしよ~~!!」
 「そんな恐ろしい人に一日中見張られてたら息がつまっちゃうよ せっかくの休みなのに!!」
リボ「なに言ってんだ? ツナのことを継承式を妨害する勢力から守るためにきてくれるんだぞ」
ツナ「でも……」
リボ「だったらこちらから警護されにいったらどうだ?」
ツナ「は?」「警護されに…?」
リボ「あいつが日中に活動する場所にこちらから出向くんだ」
 「あの場所なら開放感があって息がつまることはないぞ」
ツナ「?」「どこだよそれ…」
回想終わり。再びグラウンド。
ツナ(で運動場-ここ-かよ~~~)
山本「小僧に聞いたぜツナ 警護されついでに水野のピッチング練習につきあってくれるんだろ?」「オレも警護すっからな」
ツナ「あ…ありがとう…」「ところで他の野球部員は?」
山本「水野が来るっていったらみんな逃げちまいやがった」
ツナ、ゴーン(めっさ怖がられてる―――)
怪談降りてグラウンドにやってくる獄寺「おはよーございます10代目!!」
ツナ「あ」「獄寺君も学校に!?」
獄寺「ちっ」ギロリと薫睨む。ジ…と獄寺を見る薫
獄寺「へっ」「まあいい」「運動上での警護は山本と柄の悪いあいつにまかせてオレは外周見張ってますんで♪」
ツナ、ガーン(またナチュラル警護だ―――!!)
ツナ、ずーん…と落ち込み座り「ハァ~~~~~」
 「せっかくこの休日に継承式から逃げ出す方法考えようと思ってたのに…」「どんどん時間がなくなる~~~」
リボ「なさけねぇこと考えてねぇだろうな」ツナ、ギクッ
リボ「お前の情けねぇ仲間もつれてきてやったぞ」
どおんとハァハァ息切らせてボロボロのエンマ
ツナ「エンマ君!!」「!?」「ほっぺに…ソース!?」
エンマ「タコ焼き食べてたら…」「放し飼いの犬に横取りされて…リボーン-この子-に助けてもらったんだ…」
ツナ(犬にタコ焼き横取りされるなんて……オレでも……なかったけど…)
リボ(さてと…今日はシモンの水野薫の実力を見せてもらうぞ)
キャチャーしている山本「よーしいいぜ!!」
竹刀肩に担いでピッチャーマウンドにいる薫「………」
山本「どーした水野!」「投げてこいよ」
薫「…………」
山本「ビシッと投げて野球部の連中を見返してやろーぜっ」
 「スゲー球を投げれるようになればあいつらもほっとかねーって!」
薫「……………」
薫、竹刀をガッっと地面につきつけて「やってられっかよ!!」
ツナ「ひっ」
山本「?」
ツナ(ム……無理だよ山本!! やっぱこの人ヤバすぎる!!」

@黒曜ヘルシーランド
犬「ひょー!!」「ヤッタびょん!!」「また届いてるびょん!!」「謎の食料の差し入れ!!」
クローム「…また…差し出し人不明…?」
柿ピー「……クローム心当たりは?」
首を振るクローム
柿ピー(パチンコ屋の袋…沢田綱吉達でもないとすると…)
瓦礫の陰からその様子を見ているストーkじゃなくてジュリー
ジュリー「眼帯少女の胃袋に届いてくれよ」「麦チョコばっか食べてないでさ―――」
 「やさしいな――――」「ジュリーって♪」

@グラウンド
山本「なんだ水野投げたくねえのか?」
薫「…………」コク
山本「でもピッチャーやりてーんだろ?」
薫「…………」コク
山本「アッハハハ!! なんだよそれ」「じゃあ気が向くまでのんびり待つな」
薫「!」
ツナ(やっぱ山本スゲーや…どんな奴にでも心が広いっていうか…)
薫「……」「………………」「…ちげーんだ………」
山本「?」
薫「人前で投げんの…」「…恥ずかしい…」
ツナ、ガーン「なんじゃそりゃ~~!!?」
リボ「シャイボーイか…」
山本「そっか!」「人前だとあがっちまうんだな」
薫「ああ」
山本「一緒に直しゃあいーじゃねーか!」「えーっとたしかこういう時はな…」
リボ「緊張しちまう時は「人」を飲み込むっていってな」「手のひらに「人」って字を3回書いて飲み込むといいんだぞ」
薫「…やったことある…」「ダメだった」
リボ「見てる連中を野菜だと思い込んでみたらどうだ?」「カボチャやミカンの前じゃ緊張しないだろ?」
薫「…それもやったが……」「あがっちまうんだ……」
リボ(このままじゃ水野薫の本当の力がわからずじまいだな…)
山本「そーいや昔リトルリーグのコーチがその野菜ってのでいい方法を教えてくれたっけ」
ツナ「え?」
山本「コーチが言うには人が野菜になる明確なイメージが足りねーから野菜だと思おうとしてもうまくいかね―んだってさ!!」
リボ「じゃあいい方法ってのはどうするんだ?」
山本「ああ ちっと手間はかかるが」
山本、自分の肩に移動したリボーンにヒソヒソ
リボ「ふむ」「ふむふむ」「なるほど面白そーだな だったらあいつの力を借りてみるか」
巡回中のヒバードのコマw
ハル「はじめまして!! 緑女子中に通っている三浦ハルと申します!!」
もじ…とツナの二の腕に手を回すハル「うちの綱吉さんがいつもお世話になってます」
ツナ、ハルの手をバッと振り払って「うちのって何だよ!?」
ハル「はひ!? だって身内みたいなものじゃないですか!!」(将来的には…ハート)
ツナ「顔近いよ!! っつか何で赤くなってんだよ!!」
ハル「照れてるからですー!!キャーッ」
ハハやってるやってると笑ってる山本。薫とエンマ「………………」
リボ「バカップルはほっといて本題に入るぞ」「ハルを読んだのはアレを用意してもらうためだ」
山盛の野菜の着ぐるみ
山本「すげえ!!」
ツナ「なんだこれ…ピーマン?」
山本「ちゃんとかぶれそうだな!」
ハル「はい!! うちの学校の文化祭の劇でつかった野菜のかぶりものなんです!!」
リボ「こいつで実際に人が野菜になりきってイメージ不足を補うんだ」
 「そしてその光景を水野の目に焼きつけてあがり症を克服するんだぞ」
ツナ「この野菜!! もしかしてオレ達がかぶるってこと――――!?」
山本「名づけて「みんなで野菜になって水野のあがり症をなおそうぜ作戦」ってとこだな」
ツナ、ゴーン(また警護とか全然関係ないし―――!! 山本が作戦名つけてるしー!!)
ハル「ただ破れているのもあるしサイズも直さないと使えないんです…」
リボ「それにギャラリーも多い方がいいっつーことで」
ビアンキ「手伝いにきたわよ」
フウ太「ぼくトマト!!」
イーピン抱っこした京子「楽しそう♪」
ランボを張り付けたらうじ「オイラもランボさんときましたー」
ツナ「みんな!! きょっ京子ちゃんまで!!」
皆で野菜の着ぐるみ囲んでワイワイ
ビアンキ「さぁこれは大仕事になりそーよ」
京子「ハイッ」
ビアンキ「ツナとエンマも手伝うのよ!」
ツナ&エンマ「え゛!?」
山本「ハハハ!!」
薫「山本…」
山本「!」
薫「オ…オレのために……」「ここまで……」
山本「バーカ 友達じゃねーか!」
薫「!!」「…………」薫ちゃん涙目
エンマ「わっ」親指に針刺してぴゅーっと出血するエンマさん
ツナ「エンマ君大丈夫!?」

ハル「はひ!!」「全員完成です!!」「それじゃあはじめましょう!!」
其々フウ太:トマト、らうじ:キャベツ、イーピン:ピーマン、ビアンキ:大根、ハル:長ネギ、
ランボ:ブロッコリ、京子:人参、ツナ:玉葱を来て
「ガンバレ!! ガンバレ!! カ・オ・ル!!」と声援
ツナ(こんなんで…いいの…?)
薫「………」
コーンの着ぐるみ来た山本「どーだ薫? 野菜に見えるか?」
薫「………サラダん中に……いるみてーだ……」
ナス着たリボーン「野菜に囲まれたこの光景を忘れんなよ」
山本「よーし 投げてみろ!」
薫、コクとうなずいてモーション。投げたボールがズギョオと土煙を上げて走りズドオと山本のミットに入る
山本「ぐっ」
リボーン「!!」吃驚顔の玉葱、トマト、大根、長ネギ、人参の真ん中にあるそれぞれの顔
山本「!! あれ?」(ボールが…消えた!?)
キャッチャーミットの中にはボールがなくて、水風船割ったみたいに真中が濡れてるミット
リボーン(水野の奴…今のは一体…!?)
その様子を見ているアーデルさん

日本国内ホテル。9代目の各守護者勢ぞろい
コヨーテ「9代目 友好を結んでいるギーグファミリーより緊急暗号通信が入った」
9代目「彼らも継承式に来てくれるはずだね」「一体何かな?」
ガナッシュ「ボンゴレ継承式の妨害及びボンゴレ転覆を企てる反ボンゴレの主犯を見つけたようです」
 「次期ボンゴレボス沢田綱吉への土産に始末してくるとのことです」
『ボンゴレ継承式まで あと4日』
煽り:ツナの知らぬところで自体は静かに動き始めていた…!!



何か話の展開があまり未来編より面白くない
やっぱリボーンはバトルもんやしwww

Psyren118

フレデリカを
救うため
カブト、推参!!

チェーンを逸らすカブト・・・
女『!!』

お姫様抱っこ続行・・・
女(攻撃が逸れた?)

かっこいいカブトのアップ・・・
女(なんだコイツーー・・・?)
フレ『コラ降ろせェ』
カブト『今絶ッテー無理!!』
フレ『ちょっと逃げるんじゃなくて闘うのよ!!!』
カブト『怖ェェェェッ!!』

走るデルボロの三人・・・
黒髪『じゃあな ネッカ!! 先行ってるぜェ』

フレデリカに肘鉄を食らわされる・・・カブト・・・
カブト『まずい突破された!!』
フレ『アンタのせいよバカッ!!!』

フレ『パイロクイーン・サラマンドラ!!』
女『どこ見てんのさ!!』
フレ『うるさい!!!』
女『キャア』
フレ『Myホームでこれは使いたくなかったのよね(ぶっ壊れるから)』
カブト『アチャチャ』

フレ『逃げられちゃったじゃないのよ!!このヘタレヴィジョンズ なんでわざわざ戻ってきたの!? 逃げ遅 れた人達を避難させるのがアンタの役目でしょ!?』
カブト『だから・・・お前も助けに来たんだ(逃げ遅れた最後の一人・・・)心配になったから・ ・・』
フレ『バカね・・・!!ガタガタ震えてんじゃない・・・!ビビリの癖に闘おうなんてして・・・ !』

立ち上がるネッカ・・・チェーンで攻撃・・・
誰か(フレorカブト)『コイツ!!まだ生きてたかァ!!』
女『フザケんなァァァ!!! テメエアタシの顔をォォ!!!』
フレ(コイツら全身に高圧のバーストエネルギーを纏って闘う強化戦闘タイプか!!)『アンタッ !!!』
カブト『は!?』
フレ『ここはアタシに任せて先に行って!!! 急がないとみんなが殺される!!! 残りの奴らから他の皆を 守って!!!』

カブトの方見て若干微笑む・・・
フレ『頼んだわよ ヘタレ』

女『こっちへ来い!! オマエの顔もグチャグチャにしてやるからよ!!!』

パイロクイーンにつかまれるネッカ・・・
女『!!!』
フレ《さっき燃えなかったからっていい気になってんの?》《いいよじゃあ》《今度は本気でやったげる》《本 気の》《本気で》

ネッカを掴んだまま落下するパイロクイーン・・・
フレ《頼んだわよ》《ヘタレ》

壁が爆発・・・現れる黒髪・・・トランプで攻撃・・・
住民『キャアアアッ』『止まれーッ 止まれーッ!!』
黒髪『カハハ♪』
住民『!?』『体が・・・!!』『キャアアアア』
黒髪『心配するな・・・動けなくなるだけだ お前らはもう W・I・S・Eの大切な実験材料だからなァ・・ ・!』
住民『逃げろ W・I・S・Eだ』
黒髪『カカ・・・チューチュー鳴いてるぜ モルモットが・・・!!』

住民をカード・コインで住民を攻撃するアッシュ・・・倒れる住民・・・そこへ現れるカブト・・ ・
カブト『・・・・・・・・・』
黒髪『・・・・・・ ・・・えッ? え・・・何? まさか俺と闘るつもりなの?』
カブト『やめろ・・・!!』
黒髪『ハァ!!?』
カブト『やめろって言ってんだよ・・・ このクソ野郎・・・!!』
黒髪『ハァァ!!?声小さくて全然聞こえねぇよ もっとデカイ声でしゃべれ このウジ虫が』

カブトに襲い掛かるアッシュ・・・壁に飛ばされる・・・アッシュ・・・
黒髪(!!?)(なんだ!?)(なんであんなに遠くにいる!?)(テレキネシスだとしたら挙動が早過ぎる) (グラナ様レベルだぞ!!ありえない!!)

カブト&ヨヨ・・・
ヨヨ《クク・・・トマドッテルゼ・・・アイツニハコノ”ヨヨ”ガ視エテナイ》《ダッテ オレハオマエノ中ニ イルダケノ存在ナノダカラ・・・》
カブト『闘うぜ ヨヨ』
ヨヨ《ヨシキタ》
黒髪『何しやがった このウジ虫ィ』

ヨヨ《弱者ニトッテ》《脅威トハ》《視ユル事象》《ソノ掌デ》《祓ウ事象》

ヨヨ《弱イガ故ニ》《無敵》

カブト『耳悪ィのか コラァ やめろって言ってんだ このクソ野郎』


これがカブトの能力







もうネタばれします
何か来場者数も落ちないし、何かなかったら申し訳ないので

bleach402

何かこれ中国版? 的なものがあったので
よかったら見てください

ほんとかどうかわからないので、あまり信用しないでください
しかも字が中国の字だしwww

画像の順番適当なので 

http://www.imagebam.com/image/34cb7f79088572
http://www.imagebam.com/image/0cfdf979088569
http://www.imagebam.com/image/008f8879088573
http://www.imagebam.com/image/51f4e679088575
http://www.imagebam.com/image/a1cb6a79088576
http://www.imagebam.com/image/f0122b79088578
http://www.imagebam.com/image/a01c9879088581
http://www.imagebam.com/image/f4740e79088579
http://www.imagebam.com/image/19df3e79088583
http://www.imagebam.com/image/0d4ebf79088584
http://www.imagebam.com/image/836f3c79088587
http://www.imagebam.com/image/3db8a479088586
http://www.imagebam.com/image/40f1ff79088589
http://www.imagebam.com/image/d38b3779088590
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カーマニア

powered by blog watches
カテゴリ
月別アーカイブ
1秒ストップうさぎ時計
ちゃきん。無料HP素材の小箱
プロフィール

Author:zyagaimo
name:(じゃが)
性別:男
student

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。